ゲームの買取は1点でもOK?単品でも気軽に出せる

そこまでゲームをしない人ですと、ソフトをあまり持っていないことがありますよね。たった1本しかないソフトを、買取に出しても良いのか気になることもあるのではないでしょうか。基本的には1本からでも問題なく売ることはできます。

ただし、売り方によっては一定の本数に満たない場合は、買取サービスを利用できないこともあるのです。どんなパターンがあるのか、解説を見ていきましょう。

店頭買取なら問題なし

ゲーム買取の方法には種類があります。その内のひとつに、直接持ち込みをして売る、店頭買取という方法が挙げられますが、この売り方なら本数は全く関係ありません。1本だけでも査定を受けることができますし、たとえそれが全然価値のなさそうなソフトだろうと問題なしです。

所有するソフトがそれしかないという場合でも、気兼ねなく査定に出してみると良いでしょう。


1本では売れないケースも

1本でもOKの店頭買取がある一方、ある程度の本数がないと売れない可能性がある買取方法もあります。それは出張買取と宅配買取の場合です。これらは自宅にいながらでも、簡単にゲームなどを売れるとして人気のサービスですよね。

ところが出張買取などですと、品数が少ないと断られてしまう可能性があります。とはいえ、全ての買取ショップが拒否をするわけではなく、個々でケースは異なります。利用できるところもあれば、1本だけでは売れないところもあると知っておきましょう。

なぜ売れないのかという理由に、コストの問題が大きく関係しています。店頭買取の場合は、売り手が直接ショップまで持って行きますので、ショップ側としては殆どコストを掛けずに査定をすることができます。それゆえに1本でも気兼ねなく持って行くことが可能です。

しかしながらその他の買取方法の場合は事情が違ってきます。出張買取なら、ガソリン代が掛かる上、スタッフの拘束時間も長くなるために人件費も高く付くでしょう。宅配買取にしても、送料や梱包材などのコストが掛かりますので、利益率の悪い1本だけの買取には対応できないことがあるのです。

売り手は何気なく利用する買取サービスですが、その裏では諸々のコストが掛かっていることで、一定の基準を満たさないと買取に出すことができないことがあるというわけです。

ソフトによっては1本でも売れる

出張買取や宅配買取の場合、1本では利用できない場合があります。ただケースによっては売れることもあるのです。事前査定の結果、一定金額以上の価値があるソフトなら、単品でもOKというパターンです。例えば買取価格が3,000円以上などの、それだけで高い価値がある物ですと、買取ショップにも利益になると判断されます。

コストも回収できる見込みもあることで買取依頼を引き受けてもらえる場合もあるのです。特に発売されたばかりの最新のソフトですと、中古市場でも価値を持っていることが多く、それだけでも売れるチャンスは高めと言えるでしょう。

宅配買取の場合、送料を自己負担することで買取に出せることもあります。コストになりやすい送料を自費で払う分には査定に出せることもあるため、送って売ろうと思えばできないことはありません。しかしこの方法の場合は損をすることも多く、あまり現実的ではないと言えるでしょう。

下手をしたら買取価格が送料を上回ってしまうこともありますので、無理に売ろうとすると逆にマイナスになることも考えられるのです。

ソフト以外もセットにする

1本のソフトだけですと売りにくい場合があります。そんな時には別の物をセットで売ることができないのか、方法を模索してみると良いでしょう。買取ショップと言っても、ゲームだけに限定して扱っているわけではないところもあるはずです。

例えば、本やCD、DVDなども売れることもあり、そういったところなら他の不要品をプラスして点数を増やせば、問題なく査定に出せることもあるのです。

要らない本などなら家の中を探せば、結構見付かったりするのではないでしょうか。各買取ショップが定める、査定に出すための基準を満たすことができれば良いわけですので、ゲーム以外に売れる物がないのかリサーチをしてみましょうね。

→リサイクルショップでのゲーム買取相場と上手な利用方法

ポストに投函で買取へ

買取ショップの中には、宅配買取の利用ハードルを下げるべく工夫を凝らしているところもあります。ポストに投函をするだけでOKという買取サービスも登場しているのです。これは、売りたいソフトを街中にある郵便ポストへと投函し、そこから買取ショップに送る売り方です。

小物系を送れる安価な郵便サービスを利用することで、宅配買取のネックとなっていた送料の問題をコンパクトに縮小することができ、1本からでも楽々売ることができます。ゲーム以外にも、本やCDなども売れるため、読み終わったり聴き飽きたりした不要な品々を売りたい時にもおすすめと言えるでしょう。

→チラシの効果も絶大!ゲーム買取の現実

人の不要品もまとめて売る

自分の所有物だけでは点数が少なく、どうしても売りにくいということもあるかもしれません。そのような時には、家族や友人などの不要品も一緒に売ってしまうのも良いのではないでしょうか。処分をしたいものの、時間がなかったり面倒だったりで放置されている物もあるはずですので、ついでに買取に出すことを考えてみるのもひとつの選択肢です。

不要品の処分は意外と大変に感じやすいため、実家の片付けなどに役立ち喜んでもらえるかもしれませんよ。

もし、他の人の分をまとめて売る場合、できれば1点1点の査定価格を出してくれるところに依頼するのがおすすめです。合計金額だけ出されることもありますが、大雑把な見積もりですと、どれがどれだけの価格で売れたのかが分からなくなってしまいます。

配分が不明になってしまうと揉めてしまう原因になることも考えられますので、詳細な査定結果を知らせてくれるところに出した方が安心です。

まとめて売ればボーナスが付く

単品売りでも買取サービスを利用できないことはありませんので、バラで売るのも良いでしょう。ただ中には、まとめて売った方がお得になる買取ショップもあります。点数に応じてボーナスを付与してくれるというところも多く、沢山売れば売るほどお得に処分することが可能です。

これが1本だけの売り方ですとボーナスの対象外になってしまうことが殆どで、プラスαがない分、損をしてしまうでしょう。どうにかして点数を増やして売った方が、手元にくる金額も大きくなりますので、1本だけの売却に固執せず、他にも売る物はないのか視野を広げて考えてみることをおすすめします。